Diary

【桐原美月】どんな星になったって

News

こんばんは〜〜
リルネードの桐原美月です🕊

昨日発表がありました通り、リルネードは9月28日のZepp単独公演をもって解散することになりました。


小さい頃から周りに求められている姿で生きてきた私にとって、家族も友達も学歴も置いて、自分の意思でアイドル活動をするというのは、とても勇気のいる大きな決断でした。

捨てたもの以上に大きなものを得なくては、というプレッシャーから、皆さまにはたくさん不甲斐ない姿もお見せしたと思います。

それなのに、私のそんなところまで愛してくれて、自信のなかった私に数え切れないほどの温かい言葉をくれて、ありがとう。

私の表現やパフォーマンスによって救われたと言ってくださる方が増える度に、このお仕事にとてもやりがいを感じていました。

いつも素直になれなくて、勘違いされやすい性格なので、伝わっているかはわかりませんが、私はアイドルというお仕事が大好きです。


皆さまご存知の通り、私は”かわいい”をあまり得意としていません。それが故に、なんでリルネードでアイドルしているの?と疑問に思う方が沢山いたと思います。

そういった意見を目にする度に、ここには必要ないのかな〜とか、アイドル向いてないのかな〜とか、沢山考えました。

実際、デビューするために切った短い髪の毛も、初期のメンバーカラーも、自分の理想のアイドル像とはちょっと違くて。

当時、まだまだ子供だった私は、そんなに黄色の妹キャラにこだわるなら、他に可愛いアイドルがしたい黄色が好きな子捕まえてくればいいじゃん❕とずっと思っていました、ほんとにずっと、なんで私なの?私である必要はあるの?なんでこんなのが真ん中なの?って、。

でも、どうしたら人の期待に応えられるか、どうしたら人に迷惑をかけないか、そんなことばかり考えて生きてきた私は、自分が我慢すればなんでも解決すると思っていたので、自分の意見なんて言えませんでした。

そうしているうちに、だんだん自分の印象を壊そうとしてしまって、方向性を見失っていました。

今までずっとお姉ちゃんで大人っぽいと言われて育ってきて、そういう女性を理想としていたので、最年少❕みたいな文化に戸惑ってしまい、とりあえず化粧を濃くしてみたり、冷たくしてみたり、、(子供か)

今だから笑い話にできますが、ライブの後に毎回号泣してしまい、実家に強制送還された夏もありましたね、、、WOW


だから今、こうして、自分はカメレオンだ❕と言って、色々な姿をお見せしたり、メンバーカラーを変えたいと自分の意見を伝えたり、、

そういったことができるようになって、本当に成長したと実感しています。

最近やっとリルネードの桐原美月が自分でも愛せるようになってきたから、解散が本当に寂しい。

でもね、リルネードはこの3人じゃなきゃだめだな〜〜と思います。だから、前を向いて、それぞれの道に進むことになりました。


なんかね、私、今まで夢を叶えられたことがなかった気がします、人生で。

目標とか夢はあるんだけど、全然達成できなくて、努力が足りてないんだなーって。

アイドルになる前は結果でしか判断してもらえなかったから、結果に出なかったら全部だめ❕努力が足りてない❕って、自分のことを否定して、どん底におちて、、っていう生活をしていたから。

努力の過程まで見ていただけるアイドルというお仕事は、とっても素敵だな〜と思いますし、過去の自分がちょっと救われた気がします。


私は自分の気持ちを人に伝えるのが怖くて、あまり弱い部分を見せてこなかったので、ちょっと人間みたいなことを、ブログに書いてみました。

自分のお話ばかりになってしまってごめんね。


ずっとトラウマだった”かわいい”も、リルネードのおかげで克服できたし、アイドルが好きだと再認識できました。

私はリルネードが大好きです。family👩🏻‍🍼

そして、いつも桐原のことを応援してくださる皆さま〜〜❕

私は”表現をすること”が好きです。

ステージの他にも、写真、映像などのお仕事で色々な経験をさせていただきましたが、やっぱりステージの上で自分の感情を皆さまに伝えて、心で会話をしている瞬間がほんっっとうに大好きです。

これから先もずっと、私の感性をステージの上で爆発させたいな〜〜なんて思っています✈️

私に沢山の愛をくれた皆さまには倍返ししちゃうんだからね❕覚悟しな❕(恐怖)

絶対幸せになるよ〜〜私たち👊🏻🤍

9月28日のZeppまで残り少ない時間ですが、
皆さまと沢山同じ時間を共有したいです。

最後まで一緒にいてくれたら嬉しいな🕊~

よろしくお願いします。